メールの3種の宛先はそれぞれ意味を持っています

メールの宛先には、TO・CC・BCCの3種類があります。
携帯電話しか利用したことのない人は、この3種類の区別ができていないようです。
メールの3種の宛先は、それぞれ意味を持っています。

最初に、TOは「○○さんへ」という意味を持つので、メールを送りたい相手を入れていけば良いです。
一般的なやり取りの場合、ここに複数の宛先を指定するのは避けた方が良いでしょう。

次に「CC(Carbon Copy)」ですが、ここにはメールを送ったことを知らせておきたい相手を入れます。
その相手へのメールでなくても知っておいてほしい情報を送る場合などに用います。

最後に「BCC(Blind Carbon Copy)」ですが、これは「見えないCC」という意味ですから、送ったことを宛先やCCの相手に知らせたくない相手を入れます。
BCCに入れた人は他の人には表示されません。

私が日常的なメールで1番この3種を区別できていないと感じるのは、一斉送信です。
メールアドレスの変更を知らせるなどの目的で一斉送信する場合は、TOに自分を入れてBCCに送りたい相手を入れます。
これを守らないとメールアドレスの漏洩が発生するといった問題が起きるので、宛先の違いは老若男女誰でも理解しておいてもらいたいですね。