我が家の秋の味覚、渋柿の渋を焼酎で抜いたものの季節がやってきた

今日の夕方に玄関を見ると柿がいっぱい入った籠が3,4個置いてありました。
その大部分は渋柿ですが、焼酎と一緒に袋に詰めて渋を抜くととてもやわらかくてジューシーな甘い柿になります。
我が家では毎年その秋の味覚を楽しむのですが、毎日食べないと腐ってしまうので最後には飽き飽きしながら食べるようになるのも毎年のことなのでした。
私は自分でカスピ海ヨーグルトを作っているのですが、普段あまり味付けしないでそのまま食べています。
ですがこれからしばらくは柿ヨーグルトを食べられるのが嬉しいです。
ヨーグルトにはハチミツ、ジャム、グラノーラなどで味付けして食べることがあるのですが、それらにも飽きました。
なのでヨーグルトでも秋の味覚としゃれこみます。
あと最近食べたいのがアケビです。
子供の頃は父と山に行って食べていた果物なのですが最近は御無沙汰多で、最近Twitterでその画像を見てから食べたくなりました。
父に子供の頃食べたアケビがある場所を教えてもらおうかと思っています。